鶴ヶ島で一戸建て住宅が理想的なワケ

ゲーム制作をしたい。そして夢のマイホームを建てたい。

そんなわがままな男の考察ブログです。

ゲームを作れるだけの知識をつけたい!

最近のゲームの進化は目覚しいものがありますよね。

昔だったらドットアイコンのようなキャラクターを動かしたり、白黒だったり、できることが少なかったりと制限がありましたが、日々ゲームに関わる人たちの苦労で昨今のゲームはとても素晴らしいモノに進化を遂げました。

動きもスムーズでまるで映画でも見ているようなクオリティです。

また、綺麗な色合いで見てても楽しいし、ストーリー性もあるためやっている人間からしたら時間をかけてでもゲームをやりたくなります。

これからもゲームはまだまだ進化していくでしょう。

そんなゲームに関わりたいと思う人はゲームに関する勉強を始めていきましょう!

・ゲーム業界の実態

ゲーム業界は、とても厳しい業界です。

納期などもあるため、その中で仕事を効率的に進めていく必要があります。

決められた時間の中でユーザーが満足できる企画をまとめて、プログラミングをします。

帰れない日や寝れない日もあるでしょう。

そんな中で神経をすり減らして仕事をしていきます。

最初こそゲームの製作に携われず先輩の下で勉強の日々かもしれません。

給料も決して高くはないでしょう。

それでも、自分の関わったゲームを面白いと評価してもらうとその嬉しさは大きいです。

・ゲーム業界への関わり方

ゲームに関わりたいと言ってもゲームを手がけるにはたくさんの人間が関わっています。

決してゲームだけを作っていればいいという訳ではありません。

そこには、ゲームの企画、プログラマー、キャラクターデザイン、広報、営業、販売などなど、突き詰めればまだまだ出てくるかもしれません。

その中で、もちろんゲーム作成をしたいという思いから製作者になってもいいと思いますが、別の関わり方もできるんだいうのは知っていても損はないでしょう。

・ゲームのことはゲーム専門の学校で学ぼう!

ゲームを独学で学んで作ってしまう賢い人もいますが、世の中そんな人ばかりではありませんよね。

もちろんゲームのことを学ぶことができる学校は日本国内に存在します。

ゲームのキャラクターデザインから、プログラミング、企画などにコースが分かれているので自分がどの部門でゲームに関わっていきたいかで進路を決めるのがいいでしょう。

営業したいのであれば、大学で経済学を学んでもいいと思います。

ゲームへの関わり方を考えて進路を決めていきましょう!

ゲーム専門学校で数年でプロになるには

◾︎ゲーム制作で稼いだら夢のマイホーム
-shared-img-thumb-HOTEL86_hotelkeikan20150124130108_TP_V
マイホームを建てよう、あるいは中物件ながら夢の戸建に住みたいと考えている方は、鶴ヶ島での住宅購入をおすすめします。

鶴ヶ島市は埼玉県の中部にあり、人口約7万人の静かな街です。東京都への通勤は15%近く、近辺にある川越市へは15%と、オフィス街からほどよく側れたベッドタウンで、近年ひそかに人気を集めています。
かつては田園風景が広がっていた地域ですが、高度経済成長期以降は人口流入が増え、現在進行形で宅地化・商業科が進んでいます。

そのため不動産物件も豊富で、戸建を購入するには好条件の地域です。東京にアクセスしやすいベッドタウンと言えば多摩や横浜などが有名でしたが、都会への人口集中で空き物件は減少傾向にあり、落ち着いて暮らすなら鶴ヶ島の一戸建て住宅がおすすめです。

一戸建てマイホームを購入するとしたら低金利の時期がずばりチャンスです。不動産は現在二極化が進んでいて、「価値の落ちない・落ちにくい住宅を選んだ人は長く豊かに暮らせていける。」一方で、「価値が変わりやすい住宅を選んだ人はお金を垂れ流す『負債住宅』を選んだことになり、資産格差はかなりのもの。」というプロの意見があります。

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s
では価値の落ちない住宅はどういったものなのか?
住宅は立地が非常に重要で、ニーズのない立地にそもそも資産価値はあまりありません。駅近徒歩数分や最寄駅が近いこと、さらに周りにスーパーや保育所・学校といった住みやすい環境かどうかも立地の価値につながります。
しかし、資産として価値があるのは主権の都心や地方の大都市の中心地、または特別な状況を作ることができた立地で、単に「駅近=価値の高い立地」と考えてしまうのは間違いです。

こう考えると鶴ヶ島は「特別な地域」には当てはまらず、一見価値の低い土地のように思えますが、資産を意識するとなるとそのような住宅の密集した、かつ地価の高い場所を選ぶことになり、住宅に投資する額もかなり大きくなる。
資産価値よりも住みやすさ、都心へのアクセスの仕方、そして家族や自分の人生の充実を考えたら、鶴ヶ島のような落ち着いた地域で暮らすことが理想的であるように思えます。

特に鶴ヶ島は鉄道のアクセスがいいことに加えて、例えば車で旅行に行く際にもすぐ近くに高速道路の入り口があるため簡単に遠出でできる点が魅力的です。アウトドア派のご家庭は土日に簡単に県外へ旅行ができ、かつ土地が安く住みやすいとあって、鶴ヶ島は理想の街と言えるでしょう。
また近年鶴ヶ島への流入は増えており、土地の価値も高まり、将来的に鶴ヶ島が特別地域になる可能性も考えられます。他にも魅力的なベッドタウンはたくさんありますが、ぜひ鶴ヶ島を一度検討されてみてはいかがでしょうか。